バイク

【レビュー】OGKの軽量ヘルメット エアロブレード5を購入してみた

冬になり、現在持っているOGKのAVAND2では顎が寒くなってきました。

使い勝手はいいのですが、長距離ツーリング時の風切り音等を考えるとやはりフルフェイスヘルメットが欲しくなり、ボーナスで購入してみました。

今回購入したのは同じくOGKのエアロブレード5です。

バイク歴は5年ほどですが、初めてのオンロード用フルフェイスなのでドキドキでした。

結論から言うと、このヘルメットは値段以上の価値がある軽量万能ヘルメットでした。

そんなわけでさっそくレビューをしていきたいと思います。

開封の儀

例のごとくAmazonで購入しました。

今回選んだカラーはフラットブラック。

黒いヘルメットを購入したことがないのと、短足なので収縮色のヘルメットを購入した方が少しでもスタイルがよく見えるのではないかというのがこのカラーに決めた理由です。

ヘルメットの外箱ってやる気にさせてくれますよね。

他の内装物はこんな感じ。

チンカーテンも付属しています。

ヘルメットの見た目はこんな感じ。

一般的なフルフェイスですね。

横はこんな感じ。結構後ろがとがっていて異形ヘルメットの部類に入るのではないのかなーと思います。

ヘルメットの留め具はラッチを差し込むタイプ、AVAND2の簡易タイプと違って簡易調整ができるタイプになっています。

しかし、これが曲者でした。

レビュー

とにかく軽い

エアロブレード5を持ってすぐ感じたのは、こりゃあめっちゃ軽いヘルメットだぞ!との印象です。

AVAND2と持ち比べてみましたが、その軽さは同等に思われます。。

また、実際にヘルメットを被ってみるとホールド感が強いぶん、エアロブレード5の方が軽く感じられるほどです。

重心のバランスがいいのだと思います。

内装が外しやすい

これはエアロブレード5だけではなく、OGKのヘルメットのいいところだと思いますが、内装が外しやすいです。

スナップボタンとマジックテープで留められているのを外すだけでヘルメットの内装が分解できます。

ツアークロス3を使っていた時は、知恵の輪のように内装のパッドを付け外ししないといけなく、難儀していました。

また、インカムを取り付けていると着脱はさらに面倒になりますからね。

特に夏のツーリングでは帰宅後に毎回内装を洗濯せざるを得ないため、内装の着脱の容易さというのはヘルメット選びにおいて地味ですが意外と重要なポイントと思われます。

ベンチレーションはそこそこ

ベンチレーションはインレットが頭頂部と口元、シールド解放時の口元にもエアダクトらしきものがあります。

アウトレットが後頭部とヘルメット横のメッシュ部分の2か所です。

頭頂部のベンチレーションを解放して走行すると生え際のあたりからつむじに掛けて冷たい空気が流れました。

口元のベンチレーションについても全開にすると空気が入ってきますが、ツアークロス3に比べると空気の流入量は限定的です。

冬場なので問題はないですが、夏場のツーリングでは息苦しくならないかが心配です。

アウトレットについては開閉が不能ですので、性能はよくわかりません。

走行して蒸れることはありませんでしたが、ツアークロスの方が換気性能は高いのは間違いありません。

インカムの取り付けも比較的容易

インカムを取り付けるとこんな感じです。

他の人のレビューでは側面が湾曲しているためインカムの取り付けが難しいと書かれていましたが、自分が持っているSB4XLITEの取り付けについては特に苦労しませんでした。

また、インカムを取り付けると風切り音が気になることがあります。

これについてもエアロブレード5は歴代所有してきたヘルメットの装着時より少なく一安心。

また、イヤーホールが取り付けられているため、インカム装着時に耳が筆禍掛かるようなことはほとんどありませんでした。

また、取り付けも非常に簡単でした。

取り付け方法についての記事はこちらになります。

OGKのエアロブレード5にインカムを取り付けてみたOGKのエアロブレード5を購入したのでインカムを取り付けてみました。 https://munenmusou.com/aerobla...

走行してのインプレッション

色は統一できてますね(すっげえ実用的なバイクです)

エアロブレード5を購入し、愛車のYBR125で100キロほど走行してみましたので、感想を書いていきたいと思います。

ちなみに、自分が所有してきたヘルメットはアライのツアークロス3、BELLのSX-1、OGKのAVAND2であり、オンロード用フルフェイスヘルメットは初めてです。

ちなみにAVAND2の記事はこちら

コスパ最強ジェットヘルメット  OGK KABUTO AVAND2 インプレッション現在、私がメインで使っているOGK KABUTO の AVAND2 についてインプレッションをしてみたいと思います。 コスト...

街乗りは軽いため楽、シールドの開閉に戸惑うかも

街乗りに関しては、ジェットヘルメットよりは手軽さに欠けるもののラチェット式であるためヘルメットを結ぶ手間がなく楽です。

また、ヘルメット自体が軽いので首を振ったりしても疲れないですね。

一方、シールドの中央部分にロックがある変則的なものであるため少々慣れるまでは難儀しました

シールドを下すときはそこまで問題ありません。

完全にロックされる前にバイザーの曇りを取るデミストのポジションで一度止まりますが、もう一度押せばしっかりロックされます。

「ガチガチガチ…ガチッ(ロック完了)」という印象です。

一方でシールドを上げる際はロック開放ボタンを押しながらシールドを上げなければならないため、走行中に押し上げるためには訓練が必要です。

ここを押しながらシールドのつまみに手を滑らせるようにしてシールドを開けていく

特に今自分のバイクにはハンドルカバーが取り付けられており、手をしまいにくいため、手間のかかるロック開放機構はちょっと困りますね。

本来停車中にシールドは上げ下げするものですが、トンネル等で急にシールドが曇ったりする緊急事態が起こることもありますから少々改善が必要かもしれませんね。

長距離ツーリングでも疲れない、高速域でも静音性は高い

走行距離としては100キロ程度しか走っていませんが、今までのヘルメットに比べて抜群に長距離走行に向いているなと感じます。

まずは何度も繰り返していますが軽い点。首にかかる負担が段違いです。

次に静音性が高いこと。

YBR125なので高速道路は走っていませんが、バイパスをそこそこの速度で流していてもうるさくありません。

風切り音とエンジン音をよく御しているなと感じます。

インカムで曲を聴きながら走ることが多いのですが、ツアークロスやAVAND2ではほとんど曲が聴こえなくなる速度域でもエアロブレード5は音楽をしっかり楽しむことができます。

また、バイザーの開閉が面倒くさい分、閉じたときの遮音性は素晴らしいものであります。

また、車線変更時に首を振っても風圧で首が持っていかれないのもいいです。

これなら長距離の高速ロングツーリングでも疲れにくいかと思います。

ラチェットの金具がのどに当たって痛い

もうちょっとなんとかならんかったのか

これがエアロブレード5の最大の問題。

現在は冬であるため、コミネのウインタージャケットを着こんでおり、首筋に風が入るのを防ぐためにジッパーを最大まで上げています。

その襟部分とラチェットの金具が干渉するのです。

襟が金具を押し上げて喉を圧迫するため、非常に喉元が痛い。

セルフ喉輪状態です。

正直なところ、このヘルメットはツーリング専用ヘルメットとして使おうと考えていたため着脱の容易さにそこまで重点を置いておりません。

昔ながらのDリングかAVAND2の簡易的なバックルで十分と思いますが…。

というか、試作段階で問題にならなかったのかこれ…

総評:この値段なら買い

エアロブレード5と競合するヘルメットですとSHOEIのZ7になるかとは思いますが、こちらの方が少々お値打ちであります。

また、バックルの問題点を除けば非常にバランスの良いヘルメットであるのは間違いありません。

自分がバイクに乗り出した5年ほど前ではARAI・SHOEIが一流でOGKはそれらに劣るメーカーという印象でしたが、どんどん力をつけているなと考えを改めました。

個人的にはDリング打ち換えサービスがあるといいんですが…OGKさん、なんとかなりませんかね?