バイク

コスパ最強ジェットヘルメット  OGK KABUTO AVAND2 インプレッション

現在、私がメインで使っているOGK KABUTO の AVAND2

についてインプレッションをしてみたいと思います。

コストパフォーマンスについては最高ではないかと思います。

 デザイン

 

私のavand2はチッタのパールホワイトというグラフィックモデルです。

 

デザインは人それぞれなので評価は分かれると思いますが、

Amazonでは単色モデルとグラフィックモデルの値段がほとんど変わらないので

せっかくならグラフィックモデルを買うといいかなと思います。

前から見るとこんな感じ(布団の上で撮ってすみません)

 

ただ、このヘルメットは帽体が大きいらしく、

ヘルメットを被ったまま非バイク乗りの友人の前に現れたところ

「ボンバーマンやんけ!」

とのお言葉をもらいました。

白と赤というのがあいつを彷彿とさせるのでしょうか…

マットブラックとかならあまり目立たないかもしれませんね。

 

 AVAND2の性能

私はかつてアライのオンオフヘルメットのツアークロス3を持っていました。

また、オフヘルとしてBELLのSX-1も所有しています。

しかしながらオープンフェイスのヘルメットを持つのは初めてですので

比較にはならないかもしれませんが…

 

重量や被り心地

軽量です。

大体1300グラムぐらいかな。

重心のバランスも良く疲れにくいです。

ツアークロスは長距離を走ると首が疲れましたからね。

それに比べれば快適快適。

乗車インプレッション

街乗り

とても快適ですねえ。

ジェットヘルメットの視界の広さ安全に寄与します。

また着脱が容易なのもグッドポイント。

ヘルメットの頬の部分を広げるようにして被れば、

眼鏡を掛けたままヘルメットを脱ぎ着することができます

 

また、ヘルメットはバックルで閉めるタイプなので、

カチッとやればヘルメットを嵌めることができます。

信号待ちで頭がかゆくなった時も簡単に外して頭を掻けますね(笑)。

 

高速道路

このヘルメットにはOGKが特許を取得したウェイクスタビライザーが装着されています。

写真では左側のシルバーの部分ですね。

こちらがヘルメット後方の乱流を減少させ、快適性の向上につなげているとのことです。

実際に100㌔で後方確認をする際に首を振っても風圧で首がグルっとはなりにくかったですね。

まあ、比較対象がツバのついているオフロードヘルメット2つですからあまり参考になりませんが…

 

高速道路でのノイズについてですが、天下のアライに比べたらもちろん風切り音は大きいです。

しかしながら、ジェットヘルメットは顎が覆われていませんし構造上フルフェイスヘルメットよりも大きな音がするのはしょうがないでしょう。

BELLのオフヘルのように耐えられないものではありませんので大丈夫です。

実際に先日の北陸ツーリングでも東海北陸道を200㌔ほど走行しましたが不快には感じませんでした

シールド

歪みもなく、快適です。

クリアシールドはごく薄くスモークがかかっています。

また、私が現在使っているのはスモークですが、外から見るとわずかに自分の顔が見えますね。

スモークといってもそこまで濃いものではないようで、夜でも街中ならなんとか使うことができます。

ヘルメットの内装の分解

ヘルメットでめんどくさいのが清掃。

いちいちチークパッドを外して、抜き取って…。

めんどくさいですよね。

しかしながらOGKのヘルメットは

スナップボタンとはめ込みを組み合わせた簡単に分解できる内装を持っていて

簡単に外すことができます。

これが30秒で

こうじゃ!

インカムをつけているのでコードが見えますがお気遣いなく。

値段

私が購入した時は1万4000円ぐらいで購入することができました。

グラフィックモデルでこの値段なのはかなりお得なのではないでしょうか?

特にこの価格帯では韓国製や中国製のすこし強度的に怪しいメーカーのヘルメットも

ひしめき合っている中で、日本メーカーでアライショウエイの次に位置する

OGK KABUTO という大手企業のヘルメットが購入できるのはかなり安心ではないでしょうか。

 

総評

この価格でこの性能か!

というのが私の意見です。

もちろんアライやショウエイといった3万円台のプレミアムヘルメットに比べれば

見た目等多少チープな面も見られますが、

ガンガン使うヘルメットとしては非常に便利かなと思います。

ツーリングライダーやセカンドバイクのヘルメットに。

また大学生の1つ目のヘルメットとしてとてもいいのではないかと思います。

私個人としては、地方の大学生が原付に乗るときに、半ヘルではなくこれを被ってほしいと思います。