セロー250、45,000キロ乗って分かったオススメカスタム7選

シェアする

セロー250のレビュー記事が好評です。

セロー250を新車で購入して45,000キロ乗り倒しました。日本半周の野宿ツーリングやオフロードコースにオンロードサーキット、トライアルごっこ、通勤通学、カスタムまで使い倒してわかったのは「セローはいいぞ」ということでした。そんな記事です。

皆様ありがとうございます。

せっかくなので私がセロー250に45,000キロ乗る中で施した数々のカスタムの中から特に有効であったものについて取り上げていこうかと思います。

ちなみに、セロー250のカスタムの方向性としては、大まかに分けてゲロアタック用、ツーリング用とあります。

私の方針としては林道ツーリングも視野に入れた長距離ツーリングバイクとしてのカスタムとなっていましたので、その旨ご承知いただければ幸いです。

スポンサーリンク

スクリーン

セロー250には2つのスクリーンを取り付けていました。

どちらも純正オプションのワイズギアミニスクリーンアドベンチャースクリーンです。

ワイズギアミニスクリーン

初めに取り付けていたのがこちらのワイズギアのミニスクリーンです。

ミニスクリーン、実際に取り付けてみると非常に小型で、他車種でいうところのメーターバイザーと呼んでも差支えがないと思います。

ノーマルのセロー250のイメージを崩さないデザインで、取り外しも簡単ですので、荒い林道によく行かれる方は、こちらの方が向いているかもしれません。

アドベンチャースクリーン

林道でセローを崖から落としてしまったときにミニスクリーンに大きな傷が入ってしまったため、せっかくなのでアドベンチャースクリーンに換装しました。

こちらは、ツーリングセロー用の装備ですが、単品で購入することもできます

ライトを覆うようなフレーム、スマートホンやゴープロを取り付けられるようになっているマルチバー等、単なる風防としての機能だけでなく、見た目や利便性も向上させることのできるアイテムです。

セロー250のスクリーンとしてミニスクリーンとアドベンチャースクリーンのどちらがオススメか

2つのスクリーンを使ってみましてどちらが良いかと言われれば、断然アドベンチャースクリーンがオススメでしょう。

ミニスクリーンの方が小さいながらも乗り手の近いところに風防があるため、風よけの効果としては高く、また軽量であるためにハンドリングに与える影響も最小限でした。

しかしながら、やはりアドベンチャースクリーンの見た目、マルチパーパスバーの使い勝手は見逃すことができませんでした。

ドミノグリップA230C454052

セローのグリップは、純正から試行錯誤を繰り返したのちに、こちらに落ち着きました。

こちらのグリップ、いわゆる異形グリップに当たります。

マウンテンバイクのグリップにもこういったものがありますよね。

少し飛び出したリブによって手の疲れを軽減させる効果があります。

また、副次的な効果としてスロットルアシストの代用として長距離巡行時のスロットル操作にかかる力を軽減してくれました

こちらのカスタム、非常に好評で道の駅で話しかけてくるライダーのおじ様たちはそろってこのグリップについて尋ねてきました

まあ、今セロー250に乗っていたならグリップヒーターを入れていたとは思います。

タナックス オフロードタンクバッグ3

こちらはカスタムというタイトルの本旨とは少々異なりますが、かなり便利なアイテムですので取り上げます。

タナックスさんのTwitterによれば消防庁の赤バイ部隊にセロー250が採用された際に、作成の依頼があり作られた物だそうです。

車種専用なだけあってフィット感は抜群でした。

小柄なタンクバッグですので、荷物としては500ミリリットルのペットボトル2本と小物が入るのに加えて、手前のポーチの中に小銭を入れることができる程度です。

また、上部の透明になっている部分にはツーリングマップルがしっかりと収まります

ツーリングマップルは、信号待ちの際にルート確認をするなど非常に便利でした。

タンクバッグというよりも荷物の入るマップホルダーとして考えていただいた方が良い製品かもしれません。

力造 スキッドプレート

オフロードを走る際に心配なのが、飛び石によるクランクケース破損。

身の回りの人で破損したというのはあまり聞いたことはありませんが、様々なオフロードバイクで純正で取り付けてある部品ですので、心配になり購入しました。

こちらを購入したのは、値段がお値打ちなのに、アルミ板が分厚いからです。

こちら、設計思想がエンデューロ等で使われる薄くて大きいアンダーガードではなく、トライアルで使われるスキッドプレートなのです。

トライアルの選手がプレートを石にぶつけたり、その上に乗り上げたりするためのものです。

そのため、アルミ板がとにかく厚い。

重さも1キロほどあります。

サイド面がガードされていませんが、林道で石を巻き上げたときも大体真下にぶつかっているので、これで必要十分でした。

ちなみにアンダーガードは純正でも販売されているので、ツーリングセローで純正装着されているならばわざわざ取り替える必要はないかと思います。

アドベンチャーリアキャリア

こちらもツーリングセローに標準搭載されているパーツです。

セロー250のレビューでも触れましたが、とにかく荷物が積載できる!!

ニトリで棚を購入して縛り付けて帰ってきたり、米10キロを積載したりなどやりたい放題ができます。

ただ、こちらの唯一の欠点としては、角型のアルミパイプ製なのでバイクにまたがるときに足をぶつけると非常に痛いというものが挙げられますが、それ以外に欠点らしい欠点もありません。

また、これはフルノーマルのセローに乗っている人が乗り比べて発言した言葉ですが、ノーマルよりもちょっと車体の剛性が増したというものです。

恐らくですが、太いアドベンチャーリアキャリアがサブフレームのような働きをしているのかもしれません。

アドベンチャーリアキャリア用サイドバッグサポート

アドベンチャーリアキャリア用のサイドバッグサポートです。

若干塗装が甘いのに値段はかさむのが難点ですが、専用設計なのでしっかりと取り付けられます。

GIVI E370ND

ご存知GIVIのリアボックスです。

見た目が野暮ったくなどの難点はありますが、もともと野暮ったいデザインのセローなら問題ないと思います(暴論)

とにかく利便性が高いです。

近所のお買い物もこれ一つでいつもこなしていました。

塗装されたタイプなどもありますが、私は値段優先でお安い無塗装タイプを選びました。

セロー250なら白色もいいかもしれませんね。

ちなみにアドベンチャーリアキャリアにはGIVI箱をセットするための穴が開いています

が、その通りにセットすると少し前より過ぎてほかに荷物をセットすることができなくなってしまいますので後ろにオフセットするのがオススメです。

総評:セローには無限の可能性がある

45,000キロを共にした相棒には色々なカスタムを施しました。

私のものはあくまでも一例であり、参考にしていただければ幸いです。

セローはいいぞ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。