YBR125

心霊スポット? 旧伊勢神トンネルをYBR125でドキドキツーリング

天候不順でバイクに乗れずに3連休をフイにしてしまうところでしたが、幸いなことに晴れてきましたので、YBR125でプチツーリングをしてきました。

今回は豊田市の旧伊勢神トンネルを抜けてきましたのでその写真を貼っていきたいと思います。

もし何かヤバいやつが写っていたら知らせてくださいね!

旧伊勢神トンネルとは

旧伊勢神トンネルは、愛知県豊田市の国道135号の脇にある古いトンネルです。

このあたりは江戸時代より伊勢神峠という飯田街道の難所でしたが、明治と昭和の時代に作られました2つのトンネルにより、アクセスは大幅に改善されました。

昭和時代のトンネルの開通により、明治時代に掘削されたいわゆる「旧伊勢神トンネル」は旧道となりましたが、旧伊勢神トンネルはどうやら建築史的にも重要なトンネルであるようで人間や車がいまだに通れるようになっています。

しかしながら、このトンネル、旧伊勢神トンネルは心霊スポットとしてその名を知られるようになりました。

愛知県民ならほとんどの人が知っている心霊スポットなのではないかと思います。

自分は道の駅どんぐりの里いなぶによく行くため、伊勢神トンネルはよく通るスポットではありましたが、旧道はまだ行ったことがありませんでした。

メインバイクのMT-07を売却することもあり、YBR125でツーリングをせざるを得ず、近場で面白そうなところを…と考えていたところ、ふと旧伊勢神トンネルの存在を思い出しさっそく出かけました。

アクセス

今回は南側からのアプローチを行います。

ちらりと新伊勢神トンネル(魚眼レンズなのを忘れている)

ちなみに、今回はAVAND2に取り付けたGopro HERO5のタイムプラス機能で撮影しております。

まずは新伊勢神トンネルの手前にドライブインがあるので、その脇道に入っていきます。

細道を登っていきます。

車でもすれ違いは可能な道ではあると思いますが、路面に草やコケが生えており、運転には気を使いました。

YBR125で来てよかった…。MT-07でしたら私のテクではひっくり返しそうな道です。

途中洗い越しや落石をいなしながら数分、石碑にたどりつきました。

内容としては、飯田街道の難所であったこと、旧伊勢神トンネルと新伊勢神トンネルの成り立ちが書かれていました。

興味があるなら拡大して見てくださいね(トリミング面倒)

石碑を読み終わるとついに旧伊勢神トンネル…!

入口が予想以上に小さくて焦ります。

高さ制限は2.2メートルなので頭をぶつけないように気を付けてくださいね。

中はGoproのせいで明るく写っておりますが、結構暗い!

シャッタースピードのせいで妙にスピード感があります。

多少怖さは感じます。

 

 

幽霊は怖くないです。

 

怖いのは、すれ違いが不可能なところ

 

真ん中で車と出会ったりしたらもう大変です。

オバケなんかより対向車のほうが怖いとビビりながら出口に向かいます。

僕の暗い人生にもこんな光明が見えたらいいなとか思ったりしながらトンネルを抜けるとそこはダートでした。

ここでこけたら本当に自分の人生ですね。

もうちょっと走ると民家でした。

夜な夜な集まってくる肝試しの若者にはさぞ迷惑しているんだろうなと走りながら思いました。

総評:心霊スポットという割にはそこまで怖くない

ここ、心霊スポットという割にはそこまで怖くありません

旧天城トンネルや、宇津ノ谷トンネルのほうが怖さあります。

実際に旧伊勢神トンネルで建設中に死者は出ていないようですし(昭和の時代に掘削されたほうの新トンネルは事故による死者は出たらしい)オバケがいるとは思えません。

民家も近くにありますし風情という点でもあまり大したことないかな…

国道沿いでアクセスもよく、名古屋からも行ける距離ではありますから誰かが言い出した「お手軽な」心霊スポットとして愛知県内に広まったのでしょう。

しかしながら、飯田街道の難所でもあり明治時代に掘削されたトンネルがきれいな状態で残っていることから、もし行かれていない人は立ち寄ったほうがいいかもしれません。

腕に自信がないなら軽いバイクで行ったほうがいいと思います。

 


追記

帰りに昭和トンネルを抜けたらヘアピンカーブでバイクと車の事故がありました。

オバケよりも交通事故のほうに気を付けたほうがいいかもしれません。

みなさんもご安全に!