PCX(JK05)にコミネのハンドルカバーを付けてみた

PCX(JK05)にコミネのハンドルカバーを付けてみた

こんにちは、杉浦かおる(@munenmusou_blog)と申します。

PCX(JK05)を購入し、初めての冬がやってきました。

だんだんと寒くなってきましたので、PCXにコミネのハンドルカバーを取り付けてみました

PCXというバイクは通勤や通学で使うことが多いバイクであるかと思います。

冬にPCXに乗るなら絶対にハンドルカバーを取り付けてほしいと思います。

とにかくハンドルカバーは防寒において圧倒的なコスパを誇ります。

ぜひ、ハンドルカバーをPCXに取り付けてやってください。

ハンドルカバーはコミネを選択

KOMINEマークはライトに反射するので安全性がちょっと上がるかも

今回コミネのハンドルカバーを取り付けました。

これは、PCX用に購入したのではなく、以前乗っていたYBR125及びリトルカブで使用していたハンドルカバーを流用したからです。

https://munenmusou.com/komine-handlecover

今回使用したハンドルカバーはブラックですが、コミネの文字が目立つので、もし自分が新しく購入するならば色違いであるソリッドブラックを購入したと思います。

ハンドルカバーの取り付け方法

取り付け方法については、見ればわかるかと思いますので、簡単にお伝えします。

ハンドルカバーを左右に取り付けます。

グリップと、レバーの穴がハンドルカバーにそれぞれ空いているので、そのまま突っ込んでもらえばOKです。

反対側のグリップも同様です

カブ系とは違い、PCXは左右にブレーキレバーがあるので走行中にずれたりすることもなく安心です。

次に上の写真のようにズレ留めの紐が付いているので、ミラーに縛り付けてください

これで完成です。

取り付けてみての感想

やっぱり暖かい

雪もしたたるいいPCX

雪がちらつく中でバイクを走ってみましたが、暖かいです。

いつもお出かけで使っているウィンターグローブでは15分ぐらいで限界を迎えてしまうような気温であっても、30分たっても「ちょっと寒いかな~」程度です。

手の防寒対策としてのコスパ最強であると思います。

ウインカーとホーンを間違える

ハンドルカバー越しにウインカー操作をしないといけないのですが、慣れないとウインカーとホーンを間違えて結構恥ずかしいです。

ここ10年ぐらいのホンダのバイクは、東南アジア等の需要のせいでしょうかホーンが上、ウインカーが下というスイッチボックスの配置になっています。

ホーンのボタン大きすぎ

なおかつ、ホーンのボタンが大きく出っ張っています。

この結果、ウインカーを押そうとしてモゾモゾすると、間違えてホーンを鳴らしてしまうことがあります

押し間違えて自分が一番驚くのが恥ずかしい

めっちゃ恥ずかしいです。

ただ、すぐ慣れるので大丈夫かと思いますが…

手の抜き差しがちょっと不便

手の出入り口がすぼまってるのが仇となります

走行中にヘルメットのシールドを下ろしたり、停車中にスマホホルダーに装着したスマホで地図を確認したり。

https://munenmusou.com/pcx-ram

バイクに乗っている最中、ハンドルから手を離すことは意外と多くあるはずです。

その際、ハンドルカバーを取り付けているとちょっと不便です。

特にハンドルに手を差し込むのにちょっとまごまごしてしまいます

手の甲にプロテクターのあるグローブを装着している際、手を差し込もうとするとプロテクターの突起がハンドルカバーの入口でつっかえるのです。

数秒経てば問題なく手を突っ込むことができるのですが、渋滞時等、不意に前の車が動いた際に慌ててしまうこと請け合いです。

冬のPCXにハンドルカバーはマスト

デメリットももちろんありますが、防寒のコスパという点においてハンドルカバーの右に出るものはありません

見た目がかっこ悪いのは否めませんが、冬のPCXの使い方は十中八九通勤通学買い物でしょうから、見た目を気にしてはいけません

実利を取るべきです。

とにかく値段は安いのに手が冷たくならないという圧倒的なメリットがあるわけですから、PCXで寒い中出かける人はハンドルカバーをぜひ付けていただきたい!

そう強くお勧めいたします。