未分類

W800にRAMマウントを取り付けるための方法

W800にスマホホルダーを取り付けてみました。

取り付けたのは、ツーリングセローで使っていたRAMマウントです。

スマホホルダーの悪い点はデザインを損なってしまうところなのですが、今回はできるだけデザインに干渉しないように取り付けてみたので情報共有とその考察について簡単に書いていきたいと思います。

RAMマウントをハンドルに取り付ける

先述の通りツーリングセローに取り付けていたRAMマウントをハンドルバーに移設します。

使用した機材はこちらです。

これをハンドルバーに取り付けていきます。

取り付け方は、セローのものと大差ないため、そちらをご参照ください。

ツーリングセローにRAMマウント Xグリップでスマホを固定してみる先日、後輩と金城ふ頭までツーリングに行ってきました。 その際、後輩のDR650にRAMマウントを導入しているのを見かけ、試...

単純なハンドルマウントだと目立つうえにメーターが隠れてしまう

取り付け結果がこちら。

遠目でもRAMマウントのXグリップが目立ってしまいますね。

W800の流麗なデザインを損なってしまいます。

また、走行時にもスピードメーターをほとんど隠してしまうため、これは少々役に立ちません。

マウントを後ろにオフセットする

次に考えたのが、RAMマウントを後ろにオフセットするもの。

中間の接続バーを地面と平行になるように倒して、その上にXグリップを取り付けるものです。

こうすることによって、メーターは見えるようになるうえ、スマホも外部から目立ちにくく、視認性も低下しません。

流用したスマホホルダーでも工夫次第で上手に使えますね!