キャンプ

【レビュー】キャンプの定番マグ、スノーピークチタンシングルカップをレビュー

以前ツーリングで訪れた開田高原でキャンプをすることになったので、キャンプ道具を必死でそろえているヤングマンです。

今回は荷物をいっぱい持ち込んでキャンプをするので、MT-07ではなくマークXで行くことになりました。

学生時代はセローでキャンプばかりをしていましたが、テント寝袋銀マットだけを積み込んで野宿を通り越してサバイバルみたいな旅ばかりしていたのでキャンプ用品をあまり持っていません。

当然バーナーも所持していないのですが、友人がどうせ持ってくるだろうとのことで今回は直火にかけられるカップが欲しいと思い、アマゾンを探したところスノーピークのシングルマグという商品を発見したので、さっそく購入しました。

というわけで、今回はスノーピークのシングルマグのレビューをしたいと思います。

スノーピークはキャンパー憧れのブランド

キャンプをしたことがある人であるならば、スノーピークの名前を聞いたことのない人はいないでしょう。

スノーピークは新潟に本社を構えるキャンプ会社です。

使いやすいキャンプ用具を販売しており。東証一部に上場する企業なんです(一応FP持ちの投資家なのに知らなかった自分ェ…)

スノーピークがキャンパー憧れのブランドである理由としては、その商品が高品質なのはもちろんなのですが、上質な商品であるからこそ高額な点です。

最近、スノーピークがキャンパー向けのセット商品を売り出して話題となりましたが、その値段を考えるとバイクが買えてしまいますし、自分の家の家具をグレードアップできそうな部類です。

自分のようにガンガンキャンプをし、さらには使い方も決して丁寧ではなく、お金のない自分としてはなかなか手の出ないメーカーです。

スノーピークのシングルマグは安くて「スノピ」デビューにピッタリ

高級メーカーのスノーピークの商品をなぜ私が購入できたかというと、スノーピークのシングルマグはスノーピークとしては珍しくお安い商品であるからです。

私が購入したのは300ミリリットルのものです。

購入時の値段は2000円を切っていました

類似商品を見ても価格帯は同様です。

もし、これがテントであったら他社の2倍近くの値段がかかってしまうでしょう。

要するにスノーピークのシングルマグは、高級メーカー、憧れのメーカーの商品であるにもかかわらずにお値打ちに購入ができるのです。

これは買いの商品であるといえます。

商品レビュー

前置きが長くなりましたが、さっそく商品のレビューをしていきたいと思います。

開封・見た目

Amazonで購入しましたが、段ボールの中にはビニール袋に収められただけのシンプルな包装。

しかも靴下みたいにタグがくっついているだけ。

非常にシンプルで好感が持てます。

タグの表面はこんな感じ。スノーピークらしいシンプルで飾らないデザインです。

裏面の注意書きはこんな感じ。

裏面をよく見ると、直火にかけないでくださいとの注意書きが…。

しかしながら、他のブログ等を見てみると皆さん直火で使っているようです。

コップの中に空洞があるダブルカップは直火で膨張して破裂することがありますが、基本的にシングルの構造では直火も問題ないかと思いますので、自己責任で使ってみようと思います。

持ってみた

持ち手は可倒式になっており、収納時にかさばらないようになっています。

チタンを成型した非常にシンプルな設計になっていますね。

持ってみた写真はこちら。

300ミリリットルならそこそこ大きいだろうと思って購入しましたが、意外とコンパクトなサイズです。

小さめのマグカップといったところでしょうか。

もちろん、薄いため、容積が見た目のわりに大きいということもあるかもしれません。

もうワンサイズ大きい450ミリリットルのものを購入してみてもよかったかもしれません。

実際に紅茶を淹れてみる

キャンプは翌週ですが、居ても立っても居られなくなってしまったため、とりあえずシングルマグで紅茶を淹れてみることにしました。ざんねんながら部屋の中で。

当たり前ですけど、まずは洗剤でマグを洗ってくださいね。

いつも使っているケトルの熱湯を注ぎ入れ、最近ハマっているトワイニングのティーパックを投げ込んでしばらく待ちます。

十分に蒸らした後に飲もうとしましたが、ここで問題発生。

カップの淵が熱くて口が付けられない

チタン製なので熱伝導性はステンレスなどの他の金属製コップよりは低いはずなのですが、それでも熱い!

まあぐらぐらと煮えたぎるお湯を八分目ぐらいまで注ぎ入れたのですから仕方ありません。

少し待つことにしました。

しかしながら、持ち手の方についても金属ではあるものの持っても全く熱くありませんでしたので、直火で水を温めても持てなくなることはないと思います

実際に飲んでみると金属臭は全くありません

さすがチタン製だなと思います。

私はサーモスのステンレス製のタンブラーを持っており、夏はよくそこにビールやアイスコーヒーを入れながらブログを書いたり勉強をしたりしています。

しかしながら、どうしてもステンレス製のコップだと金属特有の臭いが飲み物に移ってしまいます

しかし、チタンならそんなことはありません。

紅茶でしたら金属臭はすぐにわかりそうなものですが、今回は新品の商品にも関わらず味に変化は感じられませんでした。

やはりシングル構造のコップですので、冷めやすい部分はあるかと思います。

見た目的にも非常にかっこいいのですが、家で使用するのであるならば、同じスノーピークのダブル構造のマグの方がいいかもしれませんね。

今度ビール用に大きなカップのものを購入してみようかと思います。

キャンプで朝コーヒーをしてみた

開田高原でキャンプをしたので、さっそく購入したチタンマグを活用してみました。

寝起きのコーヒーに使用。

家で紅茶を淹れたときと同じように注ぎ口は多少熱くなるけど、精神的な満足度は高いですね。

総評:お値打ちだけど満足感は高い、キャンプ用コップデビューにおすすめ

このシングルマグを購入すればスノーピークという一流メーカーの製品をお安く手に入れることができ非常に満足感は高いです。

製品としてもシンプルながらも非常に使いやすく、チタンという材質はキャンプをする上で、また飲み物を飲む上でも大きなメリットがあります。

キャンプ用のコップというものはそうそう買い替えるものではありません。

一生物のコップになるのですから、どうせならこのシングルマグを購入してみてはいかがでしょうか。