【レビュー】キャンプ用のヤカン コールマンパッカアウェイケトルを購入してみた

シェアする

先日イワタニジュニアコンパクトバーナーのレビューを行いましたが、火に掛けるものがないので、ケトルも購入してみました。

手に入れたのはコールマンのパッカアウェイケトルです。

カップ麺やコーヒーを作る際に必要となるお湯を沸かすことに便利そうなので買いました。

シエラカップでも良いかもしれませんが、湯沸かし専用機としてあえてケトルを購入してみました。

今回はそんなコールマンのパッカアウェイケトルを簡単にレビューをしていきたいと思います。

スポンサーリンク

キャンプ道具としてあえてケトルを買う理由

湯沸かし器具はスノーピークのシングルチタンマグしか持っていません。

以前ツーリングで訪れた開田高原でキャンプをすることになったので、キャンプ道具を必死でそろえているヤングマンです。 今回は荷物をいっぱい...

チタンマグを直火に掛けるのは忍びなく、300ミリリットルの容量ではカップ麺の湯沸かしに不安が残ること、おかわりのたびに火にくべる必要があることからケトルの購入に踏み切りました。

キャンプ用のケトルにはいくつか種類があり、焚き火に使えるものやおしゃれなデザインのものも検討しました。

しかし、バーナーに使えられれば問題ないこと、コーヒーのおかわりやビッグサイズのカップ麺に湯を満たすことができる容量である500ミリリットル以上の内容量を誇る製品を探したところ、コールマンのパッカアウェイケトルが該当したため、購入してみました。

開封してみる

と、いうわけで早速開封してみます。

外箱はコールマンらしいもの。

箱を開けるとメッシュの巾着袋に包まれた本体が姿を現します。

パッキングするときに他のものと擦れあって傷がつかない効果がありそうですね。

写真ではビニール袋で覆われていましたがもちろん使う前に捨てましょう

巾着袋から外すと本体が姿を現します。

アルミ製で灰色にコーティングされています。

持ち手の赤色の部分はゴムのような物で覆われており熱が伝わらないように作られているようです。

また、持ち手は本体・蓋ともに地面に対して垂直になった状態で固定できるようになっており、火にくべたはいいけど持ち上げられなくなる情けない状態を回避できるようになっております。

バーナーに載せてみた

来月の田貫湖キャンプに持っていく用に購入したため、まだ使用しておらず、レビューとしては片手落ちで申し訳ありませんが、一応室内でバーナーに載せてみました。

イワタニのジュニアコンパクトバーナーに載せるとこんな感じになります。

総評:キャンプ気分を盛り上げる小道具

デザインとしては特に面白みもなく、質実剛健なアイテムです。

お湯を沸かすだけならジェットボイルやシエラカップでも構わないのですが、ヤカン型であるため、キャンプ場であっても家と同じようにお湯を沸かすことができ、その点ではストレスをもたらしません。

キャンプツーリングを主に行う関係上、荷物に関してはできる限り合理的な物を選びたいところですが、1つぐらいははこういった遊び心のある(それでいて使える)キャンプグッズを持ち込んでも楽しいのではないかとも考えています。

あって困るものではないので、皆様もぜひ購入をしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。