YBR125

YBR125に書類入れを取り付けてみました

YBR125は非常に優れたバイクです。

メインバイクのMT-07のサブバイクとして、近距離のツーリングをこなし、マークXの代わりに近所の買い出しマシーンとして日夜活躍しております。

しかしながら、1つだけ欠点が。

書類入れがないのです。

と、いうわけで今回は書類入れ(と呼べる代物かはともかく)を自作してみました。

時間としては10分もあれば可能ですし、100円均一ですべて書類は揃いましたので、総費用は200円という超お手軽カスタムとなりました。

YBR125には書類を入れる場所がない!

タイトルの通り、YBR125には書類を入れる場所がありません

MT-07のようなスポーツバイクでしたら、一般的にはタンデムシートの下に収納があるかと思います。

また、セロー250は小さいながらもタンクの下の部分に収納スペースがありました。

しかしながら、YBR125にはシート下収納もなく、書類をカバンに入れて毎回ツーリングをしないといけない始末。

非常に不便です。

そこで、グーグル先生に助けを求めた私は、先人の偉大なる功績にならい、YBR125のサイドカバーに書類を固定することにしました。

YBRのサイドカバーに書類を固定するやり方

①必要なものを用意する

必要なものは以下のものだけです。

・書類
・チャック付きポリ袋
・マジックテープ

書類はナンバーの交付書類と自賠責の書類、加えて自分は納税証明書も一緒に入れることにしています。

チャック付きのポリ袋はごくごく一般的なもの。

サイズはA5ぐらいのものがよろしいかと思われます。

マジックテープは、百均のもので結構です。

もちろん粘着テープで貼り付ける方式のものですよ。

 ②サイドカバーを外す

次にサイドカバーを外していきます。

クラッチレバー下の部分に黒いパーツがありますので、そこをずらすと鍵穴が出てきます。

僕の手が写っていますね(どうでもいい)

そこに差し込んでクルッと回せば蓋が外れます。

サイドカバーの鍵は奥まで差し込む必要はありませんでした。

おそらくYBR125ならどの鍵を使っても開けることができるでしょう。

キーシリンダーと同じ仕組みを使うと高価ですからね。

こんなところにもコストカットが見られますが、非常に合理的に感じられます。この割り切り方がいいね!

蓋を外す

いきなりですが、蓋が外れました。

鍵と右側の爪の部分、左上のグロメットの部分でサイドカバーは保持されています。

そこまで外すのは難しくないでしょう。

ただ、バイク整備ド素人の場合、グロメット部分は折れるかな?ってぐらいの勢いで引っ張ることが大事です。

バッテリー上部分の長方形のスペースはおそらく工具入れかと思われますが、7万円で譲ってもらった中古車なのでこれがわからない。

(ぶっちゃけここに書類を押し込めばよかった)

サイドカバー裏に書類をはめ込む

取り外したサイドカバーと共に室内へ避難。

カバーの裏面です。

下部が鍵穴と連動して動く金具です。

この裏側に書類を貼り付けていきます。

チャック付きのポリ袋に書類を入れます。雨や泥の混入防止のため、二重に袋に入れましょう。

 

そして、袋とカバーをマジックテープで連結するだけ!

簡単でしょ!

総論:YBR125だけでなく書類入れのないすべてのバイクにも使える小技

書類をなんとかYBR125の中に詰め込むことができました。

非常に簡単な方法ですが、合理的です。

皆様もバイクに書類入れがないならどこかにマジックテープと袋で押し込んでおくとよいかもしれませんね。