【レビュー】Amazonで2,500円のパチノックスを買ってみた

シェアする

Amazonでいわゆるパチノックスを購入してみました。

自分はコールマンのファイヤーフォールディングチェアを以前から所有しておりますが、車はともかくバイクには積み込めない代物であるため、携行性に優れるアウトドアチェアを必要としていました。

自分はまあ座れればいいや~と安易にAmazonで2,500円のパチノックスをポチりました。

本家ヘリノックスを始めとしてそのパチモノがホームセンターやスポーツ店を始めとしてあらゆるところで販売されており、玉石混交の様相を呈しております。

今回はAmazonで買ったパチノックスのレビューをしていきたいと思います。

スポンサーリンク

開封の儀

ちなみに購入した椅子はこちら。

linkaxというメーカーのパチノックスです。

巨人ファンなので黒・オレンジのカラーを選択。

早速開封していきます。

外袋のまま送られてきました。

サイズ比較用にコーラの缶を置いておきました。

YBR125のリアボックスにゆうに収まります。

一緒にくっついてきた説明書とも言い難いペラ紙はこちらです。

裏面に一応の組み立て方が書いてあります。

中身を取り出すとこんな感じです。

骨組みに関してはすべてゴム紐でつながっており、紛失する心配はありません。

また、地面と接する石突の部分には、めり込みを防止するためにスキーのストックのような出っ張りが設けられています。

以前開田高原キャンプ場でキャンプをしたとき、友人がパチノックスを持ち込んでいましたが、地面が腐葉土であったため、どんどんと脚がめり込んでいき、最後は転んでいました。

そのパチノックスにはめり込み防止の出っ張りが取り付けられていなかったため、この商品はその点について配慮されているように思えます。

あっさりしすぎていて少々不安になりましたが、早速組み立てていきます。

組み立て

組み立て自体は非常に簡単で、上述の説明書通りにやっていけば誰でも組み立てることができます。

まずは骨組みを組み立ていきます。ジョイントにはめ込んでいくだけです。5歳児でもできます。

次に、上の写真の手前側(短い方)のポールに外袋を取り付けます。

外袋の紛失防止という点において非常に合理的です。

外袋の両端にある輪っかをポールに通すだけです。

最後に座面の布をポールに取り付けていきます。

四隅の穴にポールを差し込んでいきます

コツとしては根性で引っ張っていくことです。

新品だと布が伸びておらず、物によっては差し込むのに難儀することもありえますが、そこは自分の腕力を信じて頑張ってください。

ホールド感の高い座り心地

座り心地はホールド感が高く、テーブルを置いてビール片手にのんびりしていたらいつの間にか立ち上がるのもめんどくさくなりそうな感じです。

思ったよりもフレームはしっかりしており、ある程度体重が重い人が座っても問題なさそうです。

総評:座れればええんや

お値段は安いですが、案外しっかりとしており満足はできる出来栄えのものでした。

田貫湖でのキャンプが楽しみです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。