ツーリング

歩いて渡れる海底トンネル 衣浦トンネルに潜ってきました。

最近は原付で近場のスポットを巡るのにはまっています。

どうも、ヤングマンです。

今回は個人的にオススメでマイナーなスポットである、衣浦海底トンネルの歩行者・自転車用トンネルをご紹介したいと思います。

衣浦臨海トンネルとは

衣浦臨海トンネルは、愛知県の半田市と碧南市を結ぶ、長さ1.7キロの海底トンネルです。

こちらは有料道路となっておりますが、横に歩行者・自動車用トンネルも並行しています。

こちらは無料で通行することができます。

お金が掛からないのがいいですね(ケチ)

トンネルへのアクセス

衣浦海底トンネルのアクセスとしては、碧南側は国道247号線沿いに南下すると、海底トンネルの案内表示が出てくるので、そこを左折します。

そこを直進すれば、自動車用の有料道路になりますが、脇道に入れば海釣り公園になります。

周りに公園の駐車場がたくさんあるので、駐車に困ることはないでしょう。

実際にトンネルを歩いてみた

愛機YBR125を海釣り公園に停め、中に入っていきます。

入り口には、大きな緑看板。

看板がバイパスみたいな色をしているのがなにか気になりますね。

建物の中に入って階段を潜っていきます。

下を覗くとこのような感じ。

割とエモい。

地下11階まで延々と階段を下りていきます。

11階とはいえども1階の高さがそこまでないので、一番下は地下25メートルぐらいでしょうか。

トンネルの底に到着しました。

暗く、中央に向かって少し下るようなトンネルです。

ここが海底トンネルとは思えません。長いガード下の通路のようにも思えます。

私が子供の頃、初めてトンネルに来た時、海底トンネルと聞いて水族館のような透明で、魚を見上げて通るような、そんな場所かと予想してがっかりした覚えがあります。

1974年に開通した衣浦トンネルは、老朽化が進んでおり、自動車側のトンネルは現在改修中です。

こちらも工事中でした。

いつも閑散としているのですが、ドリルの音が響き渡っていました。

また、ゴールデンウィークの初日であり、西三河から知多半島へのアクセスという点でも優れているこの海底トンネルには多くのローディーが行き交っていました。

今日は比較的人の気配が多く安心できましたが、平日ですと廃墟を歩くような孤独を味わうことができます。

もちろん夜中も。

そういった治安的な危険を避けるためなのか、中には緊急用の押しボタンやカメラが設置されており、ここの管理者の趣味なのかZIPFMがいつも流れています。

海底でAviiciを聴きながら歩くのはなかなか不思議な気分でした。

対岸の半田市に出るとこちらは多少きれいに整備されております。

碧南側とは480メートルほどしか離れていませんが、対岸の工場の錆色がクールですね。中京工業地帯を感じます。

ちなみにこの半田側の衣浦湾岸道路、アウトレイジ最終章のロケ地になったというのはご存知でしょうか?

愛知県庁のホームページにも掲載されていたりします。

総評:知多半島ツーリングの立ち寄り地として寄る価値あり

正直なところ、単なるトンネルです。

立ち寄って往復しても30分程度、こんなものかと思ってしまうでしょう。

しかしながら、知多半島をツーリングやドライブする、半田市を観光するのであるならば、一度立ち寄ってみる価値はあるかもしれません。

歩いて渡れる海底トンネルは日本に数カ所しかありません

単なるトンネルの上に海がある。

隧道マニアでなくても心動かされる経験になるかもしれません。

また、独特の退廃的な雰囲気は、コスプレ写真のスポットとしてもいいかもしれません。