MT07

浜松のJohnny’s JAWAIIAN BURGER までハンバーガーツーリング

今回は浜松の人気ハンバーガーショップ、Johnny’s JAWAIIAN BURGER までMT-07でツーリングをしてきたという話です。

行列のできる大人気店というだけ、味にも満足でしたし、アメリカンな雰囲気も楽しむことができました。

Johnny’s JAWAIIAN BURGER(ジョニーズバーガーとは)

Johnny’s JAWAIIAN BURGER(以下ジョニーズバーガー)は、浜松市の西区にあるハンバーガ屋さんです。

結構な田舎道にありますが、いつも大人気の店です。

ちょうど近所にうなぎパイファクトリーもありますからツーリングやドライブの経由地としてもオススメでしょう。

アクセスとしては、浜名バイパスの坪井インターで降りてそのまままっすぐ北上、県道325号に右折をしてちょっと走ると右側にあります。

名古屋からもアクセスは簡単ですね。

駐車場は車が10台ほど。持ち帰りの人も多いので駐車待ちということにはならないかと思いますが、バイクで来たほうが良さそうです。

アメリカンな店のせいか、やたらピックアップトラックが停車していたのは気のせいでしょうか?

この日は、浜松に住むTL1000乗り(サブのGROMで来たっぽい)とKLX250乗りの友人も現地で合流しました。

なぜか全員オフヘルメットなのが謎ですが。

食べてみる

行列のできるお店でした。

日曜日の12時というタイミングの悪い時間にやってきてしまったので、すでに長蛇の列。

1時間ほど待ちました。

外のフードトラックで注文を済ませ、中で席に座って待機。

もちろんお持ち帰りもできますよ。

中は倉庫を改造したガレージ風になっており、アメリカンな雰囲気がただ寄っています。

ハーレーが似合いそうですね。僕のMT-07ではちょっと場違いか?

焼き上がりのベルが鳴ってハンバーガーを取りに行きました。

僕が頼んだのはクラシックチーズバーガー。ポテトとドリンクセットで1,030円(うろ覚え)

ピクルスがでっかく2本乗っています。

味はとにかくおいしいです。

このパティも注文を受けてから焼き始めるので熱々の状態。

チーズもケチャップもおいしい。

ポテトは太めのもので本当にお腹いっぱいになります。

更に僕がオススメするのはジュースのピンクレモネードです。

コーラやメロンソーダもメニューとしてありますが、このピンクレモネードは他の店ではなかなか味わえません。

レモネードのさっぱりとした味わいがジューシーなバーガーとポテトにマッチします。

総評:並ぶ価値あり、浜名湖ツーリングの立ち寄り地に

炎天下のなか、1時間待たされましたがその価値は間違いなくあります。

値段もバーガーとしては張りますが、昼食として考えるなら悪くありません。

そしてそれを上回る圧倒的な美味しさと浜松の外れの田舎にもかかわらずアメリカの雰囲気を味わうことができるスポットです。

マスツーリングで行くと待たされてしまいますが、ソロやタンデムツーリングで浜名湖を訪れたのならばお昼ご飯スポットとして考えてみても良いのではないかと思います。

上で書いたとおり、うなぎパイファクトリーに近いためセットで行くといいかもしれませんね(ハンバーガーだけに)

ギャグが滑ったところで以上!