バイク

大学生にオススメ、中古の250㏄バイク選び

 

 

初めてバイクを購入する大学生の皆さんは、半分ぐらいは250ccの中古バイクを買うのではないかと思います。(自分調べ)

でも何のバイクを買ったらいいか分からない!
って方は多いんじゃないかと思います。

僕も現役生の頃はよく相談を受けました。

そこで、個人的なオススメ中古バイクを選んでみました。

選考基準は以下の通りです。

・中古価格が安めであるもの
・人気があるもの
・乗ってがっかりしないもの

ぜひ皆さんのバイク選びの参考にしてみてください。

 

フルカウル

2011 Honda CBR250R
  • CBR250R(MC19)

近年の250㏄バイクブームの先駆けとなったCBR250R。

最近では、CBR250RRも発売されましたが、こちらはお安い中古も出回っております。

単気筒エンジンで燃費もとてもよく、走りやすいバイクではないかと思います。

デザインもVFR800風でかっこいいですね。

ネットで検索すると老害おじさんがああだこうだ言っていますが、無視しましょう。

  • Ninja250R

これもCBR250Rとフルカウル250㏄スポーツの人気を二分していたninja250R。

こちらは、CBRの単気筒に比べて2気筒となっており、エンジン音や乗り味は違います。

また、ZZR250の後継機ということもあり、長距離走行が得意なツアラーに属するバイクではないかと思います。

自分はZZR250とninja250に乗ったことがありますが、前輪がどっしりとしており、直進での安定感が高いバイクだなあと思いました。

峠ならCBR、ツーリングならninjaかなと思います。

ninja250Rの後継モデル、ninja250のレビュー記事もあります。
よかったら見てね。

 

 


ネイキッド

  • バリオス

みんな大好きニーハンマルチ。

250㏄に4気筒という恐らく二度と出てこないであろうバイク。

このバイクの魅力はとにかく音がいい。

後輩が乗っていましたが、ジェット機のようなエンジン音。

20000回転まで回す楽しみがあります。

ただ、このバイクはいかんせん古い。

また、人気があるバイクなので、中古バイク屋で当たり前のようにニコイチ(2台のバイクの使える部分だけを集めて1台のバイクを作る)やメーターの巻き戻しなどが行われた個体が流通しています。

また、暴走族にも人気があるので、駐車時にはバイクカバーやロックを忘れないようにしてください。

オススメなのはリアサスペンションが2本ある2型以降です。(写真は1型)

  • ホーネット

これもニーハンマルチ。

とにかく人気がありますね。

中古価格もうなぎのぼり。

僕に金があったら投資用に1台買って倉庫に入れておいて10年後に売って金を稼ぎたいレベルです。

買いたいなら今すぐ買いましょう。

1年後に価格が5万円上昇していても不思議ではありません。

 

このバイクはデザインがいいですね。

オーソドックスなネイキッドスタイル。

太いリアタイヤ。

それでいて4発。

モーターのようなエンジン音。

ただし、バリオスよりも盗まれやすく、個体選びには慎重を喫します。

  • VTR250

横のトラス上のフレームが美しいバイク。

VTエンジンという傑作超頑丈エンジンを搭載したV型2気筒エンジン。

軽くて早くて使いやすい。

良いバイクです。

人気があるので中古も高いですが、オススメはFIになってからのモデルです。


クルーザー

  • ドラッグスター250

アメリカンバイクは大学生に人気があります。

学生時代、後ろに女の子を載せていたバイクは大体アメリカンだった気がします。

(恨めしそうに眺めていたセロー乗りだった僕)

このバイクは足つきがとてもいいです。

短足チビの僕が両足ベタ突きでしたから。

そういうわけで女の子のファーストバイクとしてもよく乗られますね。

パワーは弱めでコーナリングも苦手ですが街をゆったり流すのもいいですね。


オフロード・モタード

  • CRF250L

わりと近年に発売されたバイク。

CBR250Rのエンジンを積んでおり、高速道路も楽。

中古の値段も年式のわりには安く、倒してもその画像を笑いながらTwitterにアップできるバイクってのもいいかもしれませんよ。

林道はいいぞ

  • XT250X

セロー250のモタードモデル。

足つきはすこぶる良いし、軽い。

もしひっくり返してもどこも壊れません。

人と被らないのもいいね!

 


 

総評

簡単にオススメなバイクを挙げてみました。

もし自分がどうしても欲しいバイクがあったら直感を信じて買ってみてください。

バイクはあくまでも嗜好品なので気に入ったバイクを買うのが一番です。

 

それでは!