未分類

新東名の110キロ区間をジムニーで走行しての感想

 

先日、新東名高速道路の新静岡から掛川・森町インターチェンジの区間において、

最高速度が110キロに試験的に繰り上げられました。

東名高速道路の新静岡IC―森掛川ICの上下線約50キロについて、最高速度を110キロに引き上げる試行が1日午前10時から始まった。1963年に高速道路が開通して以来、100キロだった最高速度が引き上げられるのは初めて。

対象は普通自動車やバスなどで、トラックなど大型貨物車の最高速度は現行の80キロに据え置かれる。走行する車の速度差が広がり、事故のリスクが高まる恐れがあるため、警察は取り締まりを強化する。最低でも1年は試行を続け、事故の発生状況などを分析し、120キロへの引き上げや対象区間の拡大を検討する。

朝日新聞

最高速度の繰り上げは約40年ぶりだそうです。

静岡のふもとっぱらでキャンプをした帰りに

愛車のジムニーでその区間を走りましたので、

110キロになったことで変わったことや

意見について述べたいと思います。

 

新東名高速道路とは

新東名高速道路は全線三車線でほぼ直線、

設計速度は120キロで作られた自動車専用道路です。

しかし、いわゆる猪瀬ポール等で

インターチェンジ付近のみが三車線で

多くは二車線の道路です。

 

走行した感想

私は富士インターから名古屋方面(下り)で走行しました。

その日は道路がそれなりに混んでいて

追い越し車線が90キロほどで流れていました。

新静岡の110キロ区間に入ってからは

スピードに乗ることができました。

三車線区間では一番左車線がトラック優先道路になっており

80キロの貨物車と110キロの乗用車の棲み分けができているように感じられました。

しかし、三車線も途切れ途切れに設置されているのみで

二車線に減少すると、合流したトラックのせいで乗用車はスピードダウン

少々危険なようにも思えます。

また、合流を嫌ってトラックが三車線になっても一番左車線に入らず

中央車線を走り続けるため、

中央車線も時折ペースが悪かったです。

また、このせいで最高速度引き上げの効率的な輸送などの本旨が達成出来ていないように思います。

私のジムニーはオフロード用に改造してあるため、

110キロをキープすることは出来ず

90から100キロの間で中央車線を走り続けていましたが、

大体これがスムーズな時の中央車線が流れる速度でした。

また、かつて乗っていたセローのような非力なバイクでは

110キロキープは少々辛いかもしれないなぁとは感じました。

この記事では、バイクとしてみた新東名高速道路最高速度引き上げについての記事が書いてあります。

https://news.webike.net/2017/11/09/119709/

感想

新東名がすべて三車線であることが

新東名高速道路の最高速度120キロ引き上げの

前提条件ではないか

と思いました。

新聞等で心配されていた

速度差の危険性については

個人的にはあまり関係ないのかなとは思います。

 

150ccバイクや軽自動車、旧車のようなパワーのない乗り物は

一番左車線を走り

時たま中央車線で遅いトラックの追い越しをして

また左車線に戻るなどの方法を取れば良いですし、

インターチェンジやPAからの合流の際も

一番左車線は80キロで流れているため、従来と変わらないのではないかなと思いました。

 

私は、バイク乗りでもありますし、投資も行っていますから、

道路は円滑に通行し、人や物の往来を活発にするためにも

道路の最高速度引き上げには賛成の立場です。

 

しかしながら現状の道路状態で120㌔化をするのは無謀なように感じられます。

経済のために人が死ぬのは不経済としか思えません。