MT-07

MT-07にフォークブーツを取り付けてみた

MT-07はかっこいい。

MT-07に1年間乗ってみてのレビューヤマハのMT-07に乗り始めて1年が経ちました。 走行距離はわずか4000キロほどですが、色々分かったことがあるので書いていこうか...

特に僕が買った色のマットグレーは夜に町明かりを反射して妖しく輝いていて美しい。

しかし、僕のバイクにも気に入らない点がある。

それは、せっかく黒で統一されているのにフロントフォークの銀色が目立つことだ。

MT-07のフロントフォークの上部には、せっかくフォークカバーが掛けられていておしゃれな雰囲気を醸し出しているのに

フロントフォークの銀色がそれを弱弱しくさせている。

特にフォークカバーとの差がますますフォークを細く見せてしまう。

そのため、僕は海外のスクランブラーカスタムを見習ってフォークブーツを取り付けることにした。

あとはKIJIMAさんのSV650の広告も見てこれならいけるやんけ!

ということでつけてみました。

購入編

自分が購入したのはKIJIMAのHD-03212

MT-07のフロントフォークの径は41Φやんけ!これにしたろ!

と安易に考えていたのですが

これが大きな誤りでした。

取り付け

フォークガードを外す

まずはMT-07君のフォークガードを外します。

なかなか外れないです。

隙間に精密ドライバーを突っ込んで、ニッパーでちまちま切ったら

悲惨なことになりました。

ま、まあダストシールを傷つけなければセーフでしょ!

どうせブーツで覆っちゃうしね(言い訳)

というわけで僕の心とバイクにいくばくかのダメージを与えながらフォークガードを外しました。

フォークブーツを開く

次は、フォークブーツを半分に切ってみることにしました。

フロントフォークを外す設備がないからです。

ダブルディスクを外すテクニックもないし、ジャッキも用意していないのが残念。

セローの時はジャッキもあったので、タイヤなんて自分で外していたんですけどね。

半分に割ってフォークブーツの開きを作りました。(写真なし)

しかしながら、ここで問題発生。フォークブーツが長かったのです。

仕方がないので寸法を詰めます。

蛇腹を切り離していきます。

そして取り付ける際にアロンアルファを使用。

一応予備として黒い接着剤も買っておいたのですが、塗っても汚くなるだけであまりメリットがありませんでした。

アロンアルファをちょっと塗っては貼り合わせて押さえる、それを繰り返して何とか形にはしました。

手がベタベタになったので写真はありません。申し訳ない。

完成

完成形はこちらです。

まあまあかな

蛇腹が微妙なのは気にしてはいけない。

敗因

今回の敗因としては、買うフォークブーツを間違えたことが挙げられます。

上述のKIJIMAの写真に写っていたフォークブーツは僕が購入したものとは違いました。

正しくはこっち

 

あと、アロンアルファ君を酷使しなくてもいいイージーオンというはめ込みシステムが付いたものもあります。

 

また、XSR700にワイズギアの純正オプションとして、フォークカバーがラインナップされているので、こちらを購入されるのもよろしいかと思います。

そんなこんなで色々ありましたが、勉強になったので良かったかなと思います。

それでは!(ヤケクソ)

 

よかったらポチっとお願いします!