レビュー

【レビュー】アイリスオーヤマのLEDシーリングライトを取り付けてみた

 

家に照明がなかったので、アイリスオーヤマのLEDシーリングライトを取り付けてみました。

今回はシーリングライトの取り付け方法と、レビューをしたいと思います。

秘密基地に照明が足りない

長男なので、祖父宅を相続することになりました。

まだ祖母は亡くなっていないので、正確には管理しているという名目で休日のみ遊びに来る場所です。

私はここを秘密基地と呼んでおります。

この秘密基地、祖父が亡くなってから親が二世帯住宅として祖母を実家に移したため2年ほど放置されていました。

家財道具もすべて撤去されている状態で、自分が1年間コツコツと片付けを続けてなんとか生活ができるまで改善している状況です。

現在、2階を書斎として使っているのですが、天井照明が1つもない状況で、夜になるとデスクライトとランタンを持ち出してブログを書いている状況でありました。

どげんかせんといかんと思い、アマゾンを探したところ、お値打ちなLEDシーリングライトを見つけて購入してみました。

アイリスオーヤマのLEDシーリングライトを2個購入

今回は2部屋に取り付けたかったので、2つのシーリングライトを購入しました。

値段重視の結果、アイリスオーヤマの物をチョイス。

パナソニックや東芝などに比べて数千円安かったこと、オレンジ色の光を出せることを条件に入れた結果、アイリスオーヤマのLEDシーリングライトを購入しました。

2つとも調光・調色機能付きのLEDシーリングライトで、部屋の大きさが違うために12畳用と6畳用をそれぞれカートに入れました。

レビュー

外箱

外箱はこんな感じ。

箱の斑点は雨粒が付いてしまっただけです。

開封

開けてみるとどちらも見た目は一緒です。

重さもほぼ同等。

付属品は取り付け器具リモコン付属電池とこちらも同様。

シェードの直径は65センチほどとコンパクトサイズ

次にシェードを外します。

ねじって外すと、2つの商品の違いが分かりました。

LEDの素子の数が異なります

どちらも素子が円状に配置されていますが、6畳用は2重なのに対して12畳は三重になっています。

また、LED素子がオレンジと白の2種類あり、調色ができるようになっています。

取り付け

取り付けは非常に簡単でした。

あえて書くまでもないとは思いますが一応記載しておきます。

①付属のカバーを端子に取り付ける

秘密基地の端子は角型端子。

ごく一般的なものです。

それに付属の丸いカバーをはめ込みます。

カバーの取り付け方法としてはただ押し込むだけです。

爪(最初バリだと思ってニッパーで切りそうになった)が端子に引っかかり、落ちないようになります。

これは取り付けた本体を安定させるもののようです。

 

②本体を天井に取り付け

シェードを外した本体を取り付けていきます。

端子に引っかかるように押し込んで、クルっと回すとロックが掛かります。(写真なし)

落とさないように気を付けましょう。

③シェードを取り付ける。

優しく本体にかぶせてねじるだけ。

④完成

以上で完成です。

簡単でしょ?

この間わずか5分。写真を撮影しながらでこれですから、実際に皆さんが設置するときは数分で取り付けができるでしょう

女性でもイスか脚立があれば簡単に取り付けることができると思います

実際に使ってみた

撮影用にあえてシェードをかぶせていません。

電源スイッチを押すと

点灯→常夜灯→消灯 の順で切り替わります。

パッと消える一般的なLEDと違ってジワっと消えるように作られているのがうれしいです。

また、明るく・暗くボタンで明度の調整白色・暖色ボタンで調色をすることができます。

白MAXだと見事に真っ白です。

感覚ですが、7,000ケルビン近く出ているのではないでしょうか。

白と暖色をそれぞれ50%ずつにすると一番明るい状態になります。

全てのLED素子が発光するためです。

暖色MAXだとランタンの明かりのようにオレンジ色になり、夜お酒を飲んだりする際に役立つでしょう。

だから私はちょっとお値段の高い調色タイプを選びました

総評:コスパよし!満足のシーリングライト

明るくて、必要十分な性能を持っているアイリスオーヤマのLEDシーリングライト。

今のところ不満点はありません。

リモコンがちゃっちいとか言うな‼

カーボンシートでデコれ!!

 

以上!!