格闘技

100均のセリアで護身具のクボタンが売っていた件

この前日用雑貨を買いに近所の100円ショップのセリアに行きました。

店内をうろうろしていると、キャンプ道具コーナーを発見。

アルミペグやシエラカップなど面白いものが並んでおり、100均も侮れないなと感心していると、そこには似つかわしくない物を発見してしまいました。

それはクボタンです。

100円で売っていたので思わず購入してしまいました。

なぜ、セリアでクボタンが売っているのか

しかもキャンプ用ペグとして事実上のクボタンを売っているのか、不思議です。

そもそもクボタンとは?

クボタンとはアメリカ在住の空手家である窪田孝行さんが発明した護身具です。

窪田+バトン(警棒)を合わせてクボタンと命名されました。

長さ15センチ弱の棒にキーチェーンが取り付けられるようになっております。

材質については、本家のクボタンは強化プラスチックなのですが、アルミ製が多く、また先端がとがっているものもあります。

アメリカの警察等でも採用実績があるとのことです。

クボタンはどうやって使うの?

文章で書くより見る方が早いと思います。

自分はクボタンのDVDを持っていますが、なぜか今youtubeにその内容がアップロードされています。

突く、払う、受けるなどなど基本的な空手の技のほかに、クボタンを使って締める、極める動きがあります。

また、中国武術の点穴針等の暗器にも似ているため、中国武術経験者が独自のテクニックを深化させているらしいです。

クボタンの有効性は?

自分は空手や剣道そして合気道をやっておりました。(杖術と抜刀も少しだけかじった)

現在はキックボクシング及び総合格闘技に挑戦中です。

伝統派空手歴15年がキックボクシングに挑戦してみてわかったこと伝統派空手歴15年の自分がキックボクシングを始めてみました!寸止めからバキバキの打ち合いをやってみてどう感じたかについてまとめてみました! ...

結論から言うと、クボタンは有効な武器であると言えます。

空手をやっていても、突きで拳を痛めることはありえます。

突きの威力をクボタンの先端一点に集中できればパンチの威力は何倍にも増します。

また、相手の関節を捕らえた後に、クボタンで関節を極めるなどは合気道的観点からみても有用と思います。

しかしながら、メリケンサックと同じく、あくまでもともとの武術・格闘技の威力を何倍にるものであり、武道の心得がない人間が取り扱ってもその真価はなかなか発揮できそうにないかと思います。

もっとも、目元にクボタンを突き立てるだけでも間違いなく効果はあると思いますが。

セリアのクボタンを見てみる

それでは、セリアのクボタンを見ていきたいと思います。

製品の説明にはキャンプ用のペグと書かれていますが、どう考えてもクボタンです。

私はキャンプも趣味ですが、こんなペグは見たことありません。

これは完全にアルミ製で先端がとがっているクボタンです。

ただ、ほとんど同じサイズのクボタンを以前秋葉原を見たことがありますが、それは800円ぐらいした。

それを考えると100円で購入できるクボタンならかなりお得であると言えるでしょう。

また、先端はかなりとがっていて、これをポケットに入れて持ち歩き、何らかの拍子で自分に刺さったらという護身以前に自分が危ない気がします。

総評:クボタンは軽犯罪法違反になりかねないので持ち歩くのはやめよう

なんとなくクボタンを買ってしまいましたが、クボタンは持ち歩くと軽犯罪法違反として没収の対象になりえます。

また、航空機への持ち込みも基本的に禁止されている立派な武器です。

セリアではペグとして売っていますが、それを職務質問されたさいに抗弁したとしても没収や厳重注意といった事態になりかねないでしょう。

自分は格闘技を15年近くやってきましたが、最大の護身は危ないところに近づかないことです。

また、そのような場合、戦うよりも全速力で逃げる方が有効です。

格闘技歴22年の自分的には素人が下手に護身具を持つよりも常に運動靴を履いて危なくなったら全速力で走って逃げる方が護身として有効なのではないかと思います。

クボタンを持っていたとしても、正直なところ複数人と対峙した場合無力です。

いたずらに持ち歩き警察の厄介になる必要はありません。

もし、どうしても不安であるのならば、製図用のペンを持ち歩くのがいいかもしれません。

先端がとがっているため、相手に突き立てれば刺さるでしょう。

タクティカルペンとは違い完全なる筆記用具ですから軽犯罪法にも該当しないと思います。

また、クボタンに似た形で持ち歩いたとしても問題なさそうなものとしては、昔の旅館のような樹脂製のキーホルダーがいいのかなと思います。。

こちらの方がクボタンより長いため、対刃物においても鉄扇のような使い方ができるのではないでしょうか。(鉄扇術は生では1回しか見たことがないので適当な発言です)

また、こちらは誰が見ても「旅館のアレ」です。

したがって持ち歩く正当な事由として認められる可能性が高いと考えられます。

また、このキーホルダーでも握りこんで殴ったり、突いたりすればそれなりの威力は確保できると思います。(本来のクボタンは金属製ではなく軽量なプラスチック製です)

ここまで大きければ鍵を無くしたりはしないため紛失防止かつクボタンの代用としても使用できるかと思います。

POSTED COMMENT

  1. ななしさん より:

    あ?あれ?
    さらに混乱することに、少し前から「テント用ペグ」も銃刀法の監視範囲に入ってたはずです、ペグ使った事件があったせいで。

    • ヤングマン より:

      コメントありがとうございます。
      「テント用ペグ」も監視範囲に入ったとは初めて知りました。
      いずれにせよ、軽犯罪法の範囲が広すぎるのでクボタンを持ち歩くのは辞めておくべきでしょうね。

  2. なのしさん より:

    クボタンで検索してきました。
    M12、M16のステンレスボルトを考えていましたが旅館用のキーホールダーの方がいいですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください