自宅

ブラーバ 380Jのバッテリーを交換してみた

今回は寿命が来てしまい動かなくなったブラーバのバッテリーを交換してみました。

中華製の怪しいバッテリーを入れてみましたが、今のところ問題はなさそうです。

純正品を買うよりお値打ちですが、ご使用は自己責任でお願いいたします。

ブラーバの調子が悪くなった

2015年製のブラーバですが、2か月ほど前から調子が悪くなっていました。

ドックにつないだ状態で赤ランプが点滅し、4回ビープ音が鳴る状態になっていました。

調べると、4回のビープ音はバッテリーの異常を現しているものであることが判明しました。

ここ数年、週末にはフル稼働させていたためにバッテリーに寿命が来たのは言うまでもありません。

とりあえずの応急措置として、ブラーバ本体に直接端子を差し込み充電していましたが、本格的にバッテリーがご臨終となったため、新しいバッテリーを購入しました。

あえて中華製品を購入してみた

純正のバッテリーを見るとお値段が高くてびっくりしたので、購入は見合わせ。

そもそも、このビープ音がバッテリーのみの故障かわからなかったため、銭失いとならないように、とりあえず中華製バッテリーを買ってみました。

後から知りましたが、こちらの方がバッテリー容量大きいんですね。

得しました。

ブラーバのバッテリー交換方法

バッテリーの交換は非常に簡単です。

工具も必要ありません。必要なのは替えのバッテリーと500円玉だけ。

まず、ブラーバを反対にします。

そして、真ん中のねじを500円玉で開けていくだけ。

そうすると、白い端子があるのでそちらを引き抜いて新しいバッテリーを差し込むだけです。

小学生でもできる作業です。

ちなみに、バッテリーの写真がこちら。

純正より1200mAh大きいのにサイズも重さも一緒

サイズ感も一緒であり、交換に手間取ることはありませんでした。

交換後は普通に充電を行い、使用が可能となりました。

また、バッテリー容量が大きくなっているので、より広い範囲を掃除できるようになり満足です。

ただ、バッテリーはあくまでも社外品であるため、利用は自己責任でお願いします。

一人暮らしなのでiRobotのブラーバを購入したら捗っている私事ですが、古い家を相続することになりました。 新卒なのに家持ちです。 しかしながら、もらった家は8DK。 延べ床面積...